満福ワークショップ otaworks

アクセスカウンタ

zoom RSS が〜ん!遂にキタッ!!!

<<   作成日時 : 2017/02/05 00:14   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

穏やかな本日、予定通りサンバーを納車してまいりました。

引渡しは順調に進み、新オーナーの若い学生さんも「大切にします!」なんて言ってくれて
精魂込めて整備し、磨いた甲斐があったなぁ〜なんてほっこりした気持ちで、久しぶりに
電車に乗っての帰路についたのでございます。

途中、何度か乗り換えましたがある駅から乗った特別快速で事件は起こったのでございます。
(田舎電車だったので山手線のように反対方向に乗るというドジは踏みませんでした)

土曜日の夕方、車内はソコソコ混雑していて座ることが出来ず、私は40才半ばと思しき男性の前
に立ちました。私がつり革につかまるとスグに、男性が立ち上がり私に向かって何かゴニョゴニョと
言ってきました。思わず「エッ?」と聞き返すと「座りませんか?どうぞ」と言うではあ〜りませんか!??

即「大丈夫です。ありがとうございます!」と返事をしましたが、男性はその場を立ち去ってしまい
ました。少しの時間、私はボーゼンと立ちすくんでいたのですが、私と男性の会話が聞こえたのか
付近の乗客はダレも座ろうとしません。

折角の好意を無にするのも失礼だと思い座らせてもらったのですが、冷静に考えると{とうとう
この日がやってきたのかぁ〜}とかなりの衝撃を受けたのでございます。

まぁ〜ヒゲは白いし、姿勢も悪いし、インフル予防にマスクもしていたから弱弱しく見えたのかも
しれませんが、、、、今後はシャキッと背筋を伸ばして電車に乗る事を誓ったのでございます。

もう20年くらい前の話ですが、中国の四川省を撮影で訪れた時にも、バスの車内で80歳位の
完全なお爺さんに席を譲られたことを思いだしました。

撮影を終えてホテルへ戻る市内バスに乗った時でした。私は2台のカメラ(デカイ望遠レンズ付き)
をむき出しで抱え、大型カメラバッグも持っておりました。

込み合う車内を進み車内後部まで辿り着いた時でした。私が立った目の前にはお爺さんと孫
(小学生位)の2人が座っていたのですが、私の大荷物を見たお爺さんが孫に向かって「席を譲って
あげなさい」的なことを言っているように見えました(言葉は全く理解できていません)
しかし孫が嫌がったので、ホンモノのお爺さんが私に席を譲ってくれたのでした。まぁ〜ヒゲ面の男
などいない田舎街だったから、私の年齢が判らなかったのだろうと、その時は笑い話になりましたが
本日はマジだったというボヤキでございます。

ではまた!


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「老いては子に...」ですよ(笑)。ワークショップの件ですが、個人的にはバイクメンテ、レストアの実演があるといいですねえ。本やネットだとやっぱりわかりにくいので。題材には事欠きませんよねえ、参加者のを生贄にするのも一考かと。...解体ショーで終わっちゃうとまずいですけど...。ではでは。
きんど
2017/02/06 21:30
引っ越しでてんてこ舞いのD です。
ワークショップいいですねぇ
リアルバイクメンテ
わくわくしますね。
使うバイクは・・・カブ??

お年寄りの件はまぁそういうこともあるということで、はい

ほな
D
2017/02/06 22:28
きんどさん、老いてかぁ〜、、、
厳しい現実でごさるなぁ〜(o^^o)
実演はやりましょう!モデルバイクは
参加者のバイクでも、私のバイクでも
可能ですね。ご意見感謝です(o^^o)

Dさん、引っ越しは終わりましたか?
お疲れ様です。
モデルバイクはカブでも良いけど、何か
基本的構造のバイクにしてみますね。
イタチョー
2017/02/07 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
が〜ん!遂にキタッ!!! 満福ワークショップ otaworks/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる